国際ロボット展で大賞機など展示

2017国際ロボット展が11月29―12月2日に東京ビッグサイトで開催された。世界最大規模のロボット展示会で、国内外の最新技術が集結した。
昨年発表された第7回ロボット大賞の受賞機が展示された。また農林水産省のブースでは、新たに開発された農機が展示された。農研機構は、GPSではなく画像処理により直線をキープするトラクターのアシスト装置を出展。戦略的イノベーション創造プログラムによる製品としては、自動運転田植機や、京都大学と(株)クボタの、複数での作業を前提としたコンバインロボット作業システム、水田の水管理を自動化する給水・排水システムなどを展示。革新的技術開発・緊急展開事業では、山梨大学による、桃のモモシンクイガ被害果を非破壊で検出するシステムや、東京大学と三陽機器(株)による草刈りロボットがあった。参考出品としてパナソニック(株)がトマトの位置を判断し収穫するロボットを出展した。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る