ハスクバーナ・ゼノアが新型チェンソー5機種発売

ハスクバーナ・ゼノア(株)はプロ用チェンソーのラインアップを拡充し、新たに「545/555」、「562XPⓇ/同G(ヒーティングハンドル)」、「390ZPⓇ」の5機種を発売した。発売する各種製品の詳細は次の通り。
【545/555】545は排気量50.1㏄、555は排気量59.8㏄と林業プロのエントリーモデル。現場の気圧・温度・湿度に合わせてキャブレターを自動調整し、圧倒的なハイパワー&ハイレスポンスを実現するAuto Tune(オート・チューン)機能を搭載。キャブの調整をすることなく、最高のパフォーマンスで作業できる。
【562XPⓇ/同G】562XPⓇ/同G共に排気量59.8㏄。ラージマウントバーに3/8の大型チェン仕様、そして大型エアクリーナー搭載で幅広いユーザーの要望に対応するハイパワーチェンソー。
【390XPⓇ】390XPⓇは排気量88㏄、大径木の伐木作業でも軽やかな取り回しで疲労感を軽減するパワフルな大型チェンソー。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る