カテゴリー:特集

  • 【東北特集】再生に向けて動く地域農業

    紙面では東北の農業の特集として、GPS田植機をいち早く導入した先進的農家、南東北クボタのサマーフェア2017、黒にんにく生産の第一人者、宮城農高の実習教育支援、日農工従業員功労表彰などについて紹介した。…
  • いつでもおいしく、米貯蔵庫

    丹精込めて作った米は一年中おいしく食べたいもの。しかしこれからしばらく続く梅雨の時期は、米の保管方法を間違えるとあっという間にカビが広がってしまう。また、近年は全国的に夏に高温の日が続く傾向があることから、品質を劣化させ…
  • ICTも搭載する、収穫機

    各地の田植えはほぼ終了した。あと2カ月もすれば本格的な稲刈りシーズンを迎える。稲刈り作業ではいつものようにコンバインやバインダーが活躍することになる。コンバインは誕生してからおよそ半世紀となった。50周年記念スペシャル機…
  • 輸入依存から国産へ、自給飼料

    国内の畜産は輸入飼料への依存度が高く、世界的な穀物生産や市場、為替の変動による影響などを大きく受けることから、国は自給飼料の増産を後押ししている。一方で主食用米からの転作作物として、水田を活用した飼料用米などの生産が奨励…
  • 手軽に使えるホビー農業機械

    農業機械の需要は農家ばかりではない。団塊世代の定年退職などで、家庭菜園へ取り組む人は増えている。都市住民にとっては欠かせないものとなっている。農機業界も、これらのターゲットへ向けた、高いスペックは必要としないが手軽に使え…
  • 有効に無駄なく適正に、肥料散布機

    肥料がなければ高品質な作物を栽培することはできない。この肥料を適期にかつ適正な量を農作物に与えることは農作業においても重要な作業となっている。与える作業が重労働だ。農作物の種類は多く、決められた量を根元に散布しなければな…
  • 付加価値生む6次産業化

    農林水産省では、雇用と所得を確保し、若者や子供も集落に定住できる社会を構築するため、農林漁業生産と加工・販売の一体化や、地域資源を活用した新たな産業の創出を促進するなど、農林漁業の6次産業化を推進している。農水省の定義に…
  • 施設園芸協会調査、地域資源エネ活用課題

    (一社)施設園芸協会(篠原温会長)が公表した大規模施設園芸及び植物工場の全国実態調査の結果のうち、本紙5月9日付で取り上げた以外の内容を紹介する。調査対象は全国の植物工場及び大規模施設園芸の496事業者で、有効回答数は1…
  • トマトも人も育てるトマトパーク

    のどかな田園風景が広がる栃木県下野市の一角に建っているのが世界基準を体感できる日本唯一のトマト栽培施設であるトマトパーク。建設したのは(株)誠和。。軒高6mの連棟ハウスは遠くからでも目立つ。注目すべきはその外観ではなく中…
  • 重要度増す施設園芸と関連機器

    野菜や果樹、花きは新規就農者の7割以上が取り組みたいと答える魅力ある分野であり、中でも施設園芸は、労働集約型の農業として雇用確保の面でも大きな期待が寄せられる。一方で流通側からも周年安定供給が可能な施設園芸作物の需要が高…
  • 小型から大型まで充実 運搬機器

    農業においてはさまざまな作業があるが、その多くは運搬に関するものである。ほ場に肥料や農薬を散布するためにはその場まで各資材を運ばなければならない。収穫した農産物はほ場から持ち出して調製して出荷する。ここでも運ぶ作業が出て…
  • NEW環境展 環境技術・サービスが一堂に

    アジア最大級の環境展示会「2017NEW環境展」が5月23~26日の4日間、東京ビッグサイトにおいて開催される。第26回となる同展は、企業の社会的責任が問われる時代に入り、環境との共生を無視しては企業の存続すら危ぶまれる…
  • 【関東特集】再生に向けて動く地域農業

    紙面では関東の農業の特集として、自費でドローンを導入、亡父の遺志継ぎ米の食味追求、21世紀米つくり会の研修会、JAうつのみやの無コーティング直播事業などについて紹介した。…
  • 木質バイオマスで林業と地域活性化

    地域の資源を活用した再生可能エネルギーの導入に注目が集まっている。環境負荷低減だけでなく、地域の活性化に寄与すると期待されている。特に農村地域にはこれまで利用されていなかった林地残材や剪定枝などの木質バイオマス原料が豊富…
  • 大型のニーズ高まる乾燥機

    大型連休の間に田植え前線は日本列島を急速に北上した。田植えを終えると生産者たちはホッと一息つけるだろうが、夏を過ぎれば次には収穫調製が待ち構えている。乾燥機の活躍の時だ。コンバインの普及によって乾燥機は生産者にとっては必…

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る