チャンセラー博士偲びカリフォルニア大で追悼シンポ

今年2月16日に逝去されたカリフォルニア大学生物農業工学部の名誉教授ウィリアム・J・チャンセラー博士を偲ぶ追悼シンポジウムが7月21日、カリフォルニア大学デイヴィス校(カリフォルニア州サクラメント)で約120人出席のもとに行われた。
W・J・チャンセラー氏は1951年にカリフォルニア大学の農業工学部で農業工学者としてのキャリアを始められた。同氏が主に業績を上げられたのは、土壌力学、土壌機械システム、開発途上国の農業技術、農業機械化・農業生産におけるエネルギー問題等であった。今回の追悼シンポジウムにはカリフォルニア大学の農業環境科学大学の学長であるヘレン・ディラード氏、生物農業工学部部長のブライアン・ジェンキンズ氏、チャンセラー氏の奥様ノン様、娘のマリサさん等のほかにほとんどのUCデイヴィスの農業工学に関する教授が参加した。海外からも多数の参加があった。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る