新農機が第25回株主総会を開催

新農業機械実用化促進(株)(新農機)の第25期定時株主総会が14日、東京都千代田区のコープビルで開催された。平成28年度の事業報告および一部役員の改選が議決された。議事では、第24期(平成28年度)の事業報告が行われた。日本での農業機械の生産・出荷実績は国内向け・輸出ともに前年を下回った。その中で、緊プロ事業では8課題について革新工学センターと共同研究を進めており、平成28年度は高精度直線作業アシスト装置が実用化されるなどの実績があった。これにより設備提供事業は計74種類となった。28年度の緊プロ機の普及台数は、高速代かき機が1万台、穀物遠赤外線乾燥機が8000台など、合計で約2万2000台となり、これまでの累計の普及台数は約37万台になった。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る