関東農機のネギ専用機に農家の信頼

関東農機(株)は大正期の創業以来80年、関東農機㈱(昭和37年稲葉機械製作所として設立、翌38年現社名に変更)誕生から55年を迎えた。「農作業をもっと楽しく快適に」という思いを胸に継続されてきた同社の製品作りには、農業現場の「ヘルパー」として生産者も高い信頼を寄せている。中でも各種ネギ専用機械には、各地の展示会でも農家の熱い眼差しが注がれている。ほる兵衛・ねぎパンチャー・ほる兵衛Pro・ホリトリ専用ほる兵衛・さくらなど、人気作物「ネギ」生産を支える豊富な機種がラインアップされている。ネギ用畝の土揚げ作業に最適なのが「ほる兵衛」。全国主要産地で活躍するスーパーネギ管理機で、作業性を考えた独立ロータリクラッチは、手元で入切が可能。3段変速のロータリを装備し、ロータリカバーのスライドも簡単な安定感抜群の土揚げ機。「ほる兵衛Pro」は7.3馬力高出力エンジン搭載。「ほる兵衛」と同様、独立ロータリクラッチは手元で入切が可能で、低速・中速・高速に超高速を加えた4段変速のロータリを装備している。「さくら」は、全てのネギ農家が納得する土揚げ性能を目指したコンパクトタイプ。土揚げ性能はもちろん、低速回転を新設したことで作業性を大きく広げている。また「ねぎパンチャー」は、ロータリで土を揚げ瞬時に叩いて固定できる最新鋭のネギ管理機。最大の特徴であるパンチャーボードはPTOからの動力で開閉運動する設計で、ネギの首もとで土を確実に止められる。さらに「ホリトリ専用ほる兵衛」は、「ほる兵衛」をベースにネギ掘り取りに特化した管理機で、ネギを痛めないよう畝を削り、ネギを横に倒すだけで収穫できるのが特徴となっている。

新農林社Youtube

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る