JETROが農林水産物の輸出サポートのJFOODO設立

日本貿易振興機構(JETRO)は1日、農林水産物・食品のブランティングやプロモーション、輸出事業者へのサポートを担う新たな組織「日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)」を設立した。昨年11月に政府が決定した「農業競争力強化プログラム」において、農林水産物・食品の輸出促進にミッションを特化した、フランスにあるSOPEXの日本版を創設するとしたことをふまえた組織。海外消費者向けのプロモーションやブランディングを強化し、需要を喚起する事業を拡大する。センター長は伊藤忠商事(株)会長で(一社)日本貿易会会長の小林栄三氏が就任。本部は東京都港区赤坂のアークヒルズ7階に置き、国内外合わせて50人程度の体制を整備する。

最近の投稿

新農林社Youtube

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る