日農工、増田長盛新会長インタビュー~個々の企業ではなく業界全体の連携が必要

ヤンマーアグリ(株)の増田長盛取締役相談役が6月6日、(一社)日本農業機械工業会の第61回定時総会を経て、会長に就任した。同日、就任の抱負を伺った。これまでも、農業者を重労働から解放し、労働生産性の向上はもとより、収量・品質の確保・向上をもたらしてきた農業機械だが、国内における農業従事者の急速な減少と高齢化による労働力の不足、気候変動や人口増加に伴う世界的な食料危機の懸念など、国内外の諸問題に対しても、その貢献が期待される。そのような中で、日本農業の競争力の強化と農機業界の発展のためにも、日農工の役割はますます重要となっている。「日本農業の方向性は〝適切な農業生産の持続的な発展〟」という増田会長。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る