更新日:H23年4月11日       −本社年間キャンペーンテーマ− 農機で支援 全ての農業
出版物  |  メルマガ  |  リンク  |  報告会  |  視察団  |  農機本因坊戦  |  過去の記事  |  会社概要


 トップphoto news>2011年4月1日

ホクトヤンマー/新商品発表展示会を開催

本社ショールームでは新型トラクタが注目された
春を前にして北海道では2〜4月にかけて各地で展示会が開催されているが、ホクトヤンマー(株)=北海道江別市=では道内21カ所で新商品発表展示会を開催している。そのような中、本社敷地内にある江別支店では1〜2日の両日、展示会を開催した。当日は石狩管内の農家500軒1千人が参集した。

展示会では、14馬力からジョンディアの150馬力までのトラクタ12台や4条刈と6条刈、汎用型の他、250馬力エンジン搭載のジョンディア製品などのコンバイン6台をはじめ、田植機や管理機、各種作業機・調製機など150点以上が本社ショールームと駐車場を使って展示されたが、石狩管内は畑作(野菜作)・酪農・水田、都市型農業など多様な農業現場に対応すべく出展機種も多様であった。

また新商品発表展示会と銘打ったこともあり、HMT無段変速でコモンレールエンジンも搭載した新型トラクタ「エコトラEGプロシリーズ」EG97/105のホイル仕様・ハーフクローラ仕様が本社内のショールーム内の特設ステージに展示された他、ハーフクローラ仕様機の試乗スペースも用意された。両機ともにキャビン内で乗り味を確かめたりじっくり見る姿が目立った。

小〜大型の多彩な農機が並んだ。写真奥はジョンディアWTSコンバインW540
また134馬力エンジン搭載のフルクローラトラクタCT1350や110馬力エンジン搭載の普通型コンバインAG1100、4条刈自脱コンバインAE439などの新商品も展示され目を引いた。

また、北海道内で今年はじめて参考出品された4輪全てをクローラの足回りに変更した115馬力のジョンディアトラクタJD6430PMや、にんにく植付機PH4Rなども注目を集めた。

本社ショールームではトラクタ展示の他に小物や資材販売、施設の説明、アドバンスヘリコプター(ラジコンヘリ)等も展示された。また、休憩席正面にスクリーンを設置し、各新型機の説明も行った。会場内は老若男女の幅広い層の農家が参集していたが、特に子連れ孫連れの農家や20〜30代の若い農家も多く目立った。同社では「来場者は2割程度多く、実績は前年並とムードは悪くない。今後も営農をしっかりサポートしたい」としている。

関連リンク:
ホクトヤンマー(株)
ヤンマー(株)

[ 戻る ]


Copyright(c) 2011 Shinnorinsha CO.,Ltd. All Rights Reserved 当サイト内容の無断転載を禁じます。