タグ:農機新聞 2023年(令和5年)9月5日付け

  • 農林省、ノウフクJAS改正

    農林水産省は8月23日、有識者らで構成する日本農林規格調査会(中嶋康博会長)の令和5年度第1回会合を開催し、「障害者が生産工程に携わった食品の日本農林規格」「青果市場の低温管理の日本農林規格」など8規格の改正について審…
  • ノウフク・アワード2023、障害者等の社会参画を推進

    農福連携を実践してきた人々や農福連携のさまざまな取り組みに光を当てて、その事例を発掘・表彰する「ノウフク・アワード2023」の募集が8月28日に始まった。同表彰は農福連携に取り組んでいる優良な事例を表彰することで、国民…
  • 超スマート社会推進フォーラム、26日開催

    第8回超スマート社会推進フォーラムが9月26日午後1時から、東京工業大学すずかけ台キャンパス学生会館(すずかけホール)で、Zoom(オンライン)併用のハイブリッドで開催される。テーマは「超スマート社会に向けた農業リ・エ…
  • 農研機構農機研、令和5年8月安全性検査

    農研機構農業機械研究部門(安原学所長)は8月31日、令和5年度農業機械安全性検査(第2次分)に適合した2機種2型式を公表した。 …
  • 日農工統計・令和5年7月分農業機械生産出荷実績

    (一社)日本農業機械工業会は会員企業から集計している日農工統計・農業機械生産出荷実績の令和5年7月分を公表した。7月の生産は385億2600万円で前年比0・2%増。生産の1~7月の累計は2565億7300万円で同0・2…
  • 令和5年6月農業機械生産出荷実績(経済産業省生産動態統計)

    (一社)日本農業機械工業会は令和5年6月分の農業機械生産出荷実績(経済産業省生産動態統計)をまとめ公表した。6月の生産は430億1800万円で前年同月比1・2%減、生産の1~6月の累計は2245億1千万円で同0・7%減…
  • 令和5年7月農業機械輸出入実績(財務省通関統計)

    (一社)日本農業機械工業会は、令和5年7月の農業機械輸出入実績(財務省通関統計)をまとめ公表した。7月の輸出は308億381万円で前年比0・8%減。7月の輸入は56億2264万円で同36・7%減だった。輸出の1~7月の…
  • 令和4年食鳥流通統計調査

    農林水産省はこのほど、畜産物流通調査・令和4年食鳥流通統計調査結果をとりまとめ公表した。それによると、肉用若鶏(ふ化後3カ月齢未満)の全国の処理羽数は7億3721万7千羽、処理重量は222万4140tで、前年に比べそれ…
  • 普及に期待、自動操舵トラクタ

    主要農機としてさまざまな農作業に用いられるトラクタ。インプルメントを交換することで、耕うん、うね立て、あぜ塗り、代掻き、播種、施肥、防除、残渣粉砕など、一年を通して最も使用頻度が高い。農業従事者の減少と営農の大規模化な…
  • 価格転嫁に関する実態調査(2023年7月)

    帝国データバンクはこのほど、現在の価格転嫁に関する企業の見解を調査した。【調査結果】1.価格転嫁率は43・6% 昨年12月から3・7ポイントの改善にとどまる=自社の主な商品・サービスにおいて、コストの上昇分を販売価格や…
  • ラストワンマイル物流市場に関する調査

    (株)矢野経済研究所は、国内のラストワンマイル物流市場を調査し、分野別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。【調査結果】2022年度のラストワンマイル物流市場規模は前年度比105・0%の2兆9110億円~取扱…
  • 物流17業種市場に関する調査

    (株)矢野経済研究所は物流17業種総市場を調査し、17業種別の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにした。【調査結果】1.市場概況=2021年度の物流17業種総市場規模(17業種各市場の積み上げ)は、前年度比115・…

最近の記事

web版ログインページ

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る