タグ:農機新聞 2023年(令和5年)11月14日付け

  • 落合刃物工業、「2023お客様感謝祭」開催

    落合物工業(株)は11月3日、4日の2日間、本社・工場内において「OCHIAI2023お客様感謝祭」を開催した。同感謝祭は、お茶の生産・管理の省力化に必須となる乗用型摘採機や乗用型管理機・防除機などの最新機械を一堂に展…
  • クボタ・クボタアグリサービス、「クボタプレミアムフェスタ2023 in Kyusyu」開催

    (株)クボタと、クボタアグリサービス(株)は8~10日、「クボタプレミアムフェスタ2023 in Kyusyu」を福岡県のイオンモール大牟田駐車場特設会場で開催した。最新鋭のスマート農機と関連メーカーの新製品展示や講演…
  • 松山、岡山営業所を拡張移転

    松山(株)は1日、岡山営業所を同じ津山市内の中核工業団地内に拡張移転、竣工式を執り行った。敷地面積は1万5千㎡、建築面積は4249㎡の規模とし、総工費(土地代含む)は約10億円。機械の大型化や製品を置くスペースが手狭と…
  • タイガーカワシマ、秋田で新製品発表会開催

    (株)タイガーカワシマは11月2日、秋田県潟上市で開催された「第146回秋田県種苗交換会協賛第75回秋田県農業機械化ショー」会場において新製品発表会を行った。発表されたのは苗箱洗浄機「洗ちゃん NBC-705/705F…
  • クボタ、機構改革と人事異動~2024年1月1日付

    (株)クボタは8日、2024年1月1日付の役員異動・機構改革・人事異動を発表した。機械事業本部関係では、農機国内営業本部長、クボタアグリサービス(株)社長に鶴田慎哉エグゼクティブオフィサーが就任する。 …
  • 第75回秋田県農業機械化ショーカメラトピックス

    秋田県農業機械化協会主催の「第146回秋田県種苗交換会協賛第75回秋田県農業機械化ショー」が11月2~6日の5日間、秋田県潟上市の昭和工業団地内特設会場において開催された。新型コロナ第5類移行後、初の大型イベントとあっ…
  • クボタ、KSASシンプルコネクト~後付けで利用できる新サービス

    (株)クボタは6日、同社の営農支援システムKSAS(クボタスマートアグリシステム)を強化する新サービス「KSASシンプルコネクト」を発表した。2024年3月から提供開始する予定。KSASは通信機器を搭載したクボタ機械と…
  • クボタ、第3四半期連結業績~売上高2兆2582億円に

    (株)クボタは8日、2023年12月期第3四半期の連結業績(1月1日~9月30日、IFRS国際財務報告基準)を公開した。売上高は2兆2582億3100万円(対前年同期比15・7%増)で、営業利益2588億5700万円(…
  • クボタ、12月1日付人事

    (株)クボタは8日、12月1日付の人事異動を次の通り発表した。《インプルメント事業部》▽インプルメント事業推進部=山口正人(ポストハーベスト技術部長)▽農業ソリューション事業ユニット長、ポストハーベスト技術部長=道信和…
  • 三陽金属、立ったまま楽々除草~「雑草スクレーパー」新発売

    三陽金属(株)は、雑草を根元からスパスパと気持ちよく削り取ることができる、ストレスフリーな除草ツール「雑草スクレーパー」を発売した。商品名の由来は〝SCRAPE(削る)〟。立ったままの姿勢で使用することを想定した仕様に…
  • ジャパンモビリティショー、スタートアップ関連コーナーも

    (一社)日本自動車工業会は、1954年から47回に渡り開催してきた東京モーターショーを『ジャパンモビリティーショー』にリニューアルし、10月25日から11月5日までの12日間、東京ビッグサイトで開催。111万2千人を参…
  • 山本製作所、乾燥機用乾式集塵機が話題に~秋田展で新製品披露

    (株)山本製作所は11月2~6日開催の秋田県種苗交換会協賛第75回農業機械化ショー会場において、新製品として大型遠赤乾燥機「ウインディ ビルド」シリーズHD―80VDR/70VDR/60VDR、乾燥機用乾式集塵機「ゴミ…
  • カーツ、役員新陣容を決定

    カーツ(株)は昨年、創業100周年を迎えたのを機に、次の世代が道に迷うことのないよう、経営理念に「カーツエンジンスピリット」を追加した。同社は「あくまでもエンジンにこだわり、エンジンでカーボンニュートラルの実現、エンジ…
  • トプコン、RTK固定基地局を内製化

    (株)トプコンポジショニングアジアIT農業ソリューション部は、Ntrip方式対応のRTK固定基地局システムを発売した。今回、初の内製化を行ったことで、年間購入ライセンス料が不要。設置工事込での提案となり、ランニングコス…
  • DJI JAPAN、新型農業用ドローンT25~計量かつコンパクトな20kg搭載機

    DJI JAPAN(株)農業ドローン推進部は、農業用ドローンAgras T25を発表し、来年1月より出荷を開始する。軽量且つコンパクトになったT25は、タンク容量20kgで散布装置に最新の二重反転式アトマイザーを使用。…

最近の記事

web版ログインページ

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る