クボタ、夏秋の新製品を発表

(株)クボタは夏秋新製品として、7月発売の(1)電動式ミニ耕うん機「菜レント(さいれんと)」と(2)小型トラクタ・ブルスターエクストラ用の新型ロータリ、そして10月発売の(3)25、31馬力トラクタ「テラスト」、(4)6、8条植田植機「ナビウェル」と⑤アグリロボ田植機「NW80SA有人仕様・無人仕様」の計5機種21型式を発表した。【電動式ミニ耕うん機「菜レント」】菜レントは2012年の発売以来、家庭菜園を中心に好評を得、今回これをモデルチェンジして新機能を搭載。より幅広いユーザー層が満足できる様にした。型式は、定格出力300Wで耕幅400mmの「TME150」と、600Wで550mmの「同200」がある。【ブルスターエクストラ用ロータリ】近年、小区画ほ場でも水稲だけでなく様々な作物が栽培されている。そこで、2009年の発売以来好評の小型トラクタ「ブルスターエクストラ」JB13X ~19Xのロータリをモデルチェンジし、より幅広いユーザー層に向けて整地性能、耐久性やメンテナンス性を向上させた。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る