JLC、日本伐木チャンピオンシップ開催

第5回日本伐木チャンピオンシップ(JLC)が6月1~2日、青森市モヤヒルズで開催され、チェンソー技術日本一をかけて熱戦が繰り広げられた。JLCは2年に1度、林業の安全作業技術の向上と林業の仕事を幅広い人に広めることを目的に開催されており、林業技術・安全作業意識の向上や林業の社会的地位向上、林業関係者・NPO等の森づくりへの積極的な参加、新規林業就業者の拡大に務めている。今回、北海道から宮崎までの全国22都府県の林業従事者や林業大学校の生徒など76人が参加。プロフェッショナルクラスで57人、ジュニアクラスで9人(全て男性)、レディースクラス10人に分かれ、チェンソーの安全性や正確さ、スピードを基準に5つの競技種目で技術を競いあった。また2日間でのべ2千人を超える来場となり、会場は大いに盛り上がった。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る