農林省、令和6年4月分農作業死傷事故の発生状況

農林水産省は令和6年4月分の農作業死傷事故の発生状況を公表した。農作業死傷事故は33件となった。死亡事故は15件。農業機械作業に係る事故は25件となっている。4月の死亡事故報告数としては、調査を開始した令和2年以降、2番目に多い件数となっている。15件の死亡事故要因は、「乗用型トラクタにひかれるか、その作業機の回転部に巻き込まれたもの」が5件、「乗用型トラクタが転落し、下敷きとなったもの」が4件、「野焼きなどの延焼などによるもの」が4件、「その他」が2件と、いまだ典型的な事故が多く発生していることを指摘。同省では農業者に対して死亡事故が〝自分事〟であるという前提で「基本的な安全対策」の実践を呼び掛けている。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る