大竹製作所、「溝つなぎ装置 T-1」発売

(株)大竹製作所は、溝切り作業と同時に溝つなぎ作業が行えるオータケ溝切機専用設計を施した「溝つなぎ装置T-1」を6月より発売する。溝切りは、田んぼに溝を切り排水口を繋げることで、排水・中干しがスムーズに行えるようにする作業だが、交差部に泥壁ができてしまうため、後から三角ホーなどで溝を繋ぐ必要がある。こうした手間を省いて、溝繋ぎの作業効率改善・省力化のために開発されたのが同機。オータケ水田溝切機(乗用型・歩行型)専用装置となっており、乗ったままで溝繋ぎ作業ができる。(1)溝切機の後部に装着(2)乗ったまま溝切りを行う(3)レバーを押し装置を開け泥壁を崩す(4)そのまま前進し、レバーを引き装置を閉じれば溝繋ぎが完了する。オータケ水田溝切機のJS/JK溝切板に装着でき、ナット一つで取り付けも簡単となっている。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る