オルテック・ジャパン、2023米国収穫物のカビ毒分析結果を公表

オルテック・ジャパン合同会社は、毎年恒例の「オルテック収穫物カビ毒分析」を米国で実施し、その結果を公開した。2023年は、米国全土において干ばつ、多雨、その他厳しい気象条件の影響が飼料用コーンの出来に及んだ可能性があり、カビ毒リスクを正確に把握することの重要性が例年以上に高くなっていた。今回の分析では、米国の各地域から検体として集められた収穫後間もない飼料穀物合計450点に対してカビ毒分析が実施され、その結果リスク程度は地域により大きなばらつきがあることが明らかになった。

最近の投稿

web版ログインページ

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る