IHIアグリテック、「ラフ向け無人芝刈機」マミヤ・オーピーと共同開発

(株)IHIアグリテック松本本社は、無人でゴルフコースのラフの芝を刈れる3連ロータリーモア「SG250iG」をマミヤ・オーピー(株)と共同開発した。2024年度の市場投入と2025年度の量産を目指す。その試作機を2023ジャパンターフショーで初公開する【小間番号3番】。車体には障害物検知センサーとバンパーセンサーを搭載。これにより進行方向に障害物を検出した場合、機体を自動で減速・停止させ、登録したスマートフォンへの通知が可能である。なお、ロータリーデッキの昇降・回転・旋回の加減速を自由に調整できる機能を加えることで、芝草を傷つけない良質な芝刈を可能とした。さらに刈取中に機体が停止した場合は、刈残しがないよう少し後退してから作業を継続することができ、芝草管理においての少人化と均一な芝刈りを両立することから一定の景観を保てる。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る