やまびこ、秋の新商品を発表

(株)やまびこは、第13回農業WEEKのやまびこジャパン(株)の小間で①バッテリー機器の充実と新しい作業領域②省力化・省人化に寄与する作業機③農業現場のマイクログリッド化を実現するシステム④環境対応技術によるエンジン機器の可能性の4テーマを取り上げた。今回紙面では、他社製品とのコラボで普及を目指す3つの技術を紹介した。【①エコー50Vバッテリーツール】同社はエンジン技術で培った技術をベースにプロが満足するバッテリーツールとしてハイボルテージ50Vシリーズを展開。【②省力化・省人化に寄与する作業機】今回、コンセプトモデルを2機種展示。RTK GNSSシステムを新採用したロボット芝刈機TM1000-RTK GNSSと共に注目を集めたのが、自律走行草刈機RCM600AUTO。【③やまびこトリプルハイブリッド発電システム】太陽光発電を主電力とした蓄電池に、カーボンニュートラル対応のディーゼル発電機を組み合わせることで、安定的な電力供給を実現。

最近の投稿

web版ログインページ

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る