丸山製作所、「ウルトラファインバブル」小松菜養液栽培で減肥効果

(株)丸山製作所は、マルヤマウルトラファインバブル(MUFB)の普及実証に向けて、高知工業高等専門学校(南国市)と協力し、ウルトラファインバブル(UFB)水の農業利用に関する共同研究を進めてきた。その中で小松菜の養液栽培において20%減肥+UFB水の栽培区と通常栽培(コントロール)区で同等の成長が見られた共同研究結果を17日、高知高専で発表した。MUFBは全国的な農業利用が増加する中で、トマトの水耕栽培では根張が良くなり玉が大きく揃うことで増収効果を上げたり、露地栽培でもブームスプレーヤの農薬散布とも相性が良いなど利用報告が多数寄せられる。水にバブル化した微細な空気を入れただけで悪さをしないのも利点だ。高知高専の西内悠祐准教授によると、日照り後の散布でも回復が速いなどの報告も興味深い。

最近の投稿

ページ上部へ戻る