「知」の集積と活用の場~最先端技術をポスター展示

農林水産省が推進する『「知」の集積と活用の場Ⓡ産学官連携協議会』は、11月7日に東京都品川区の大崎ブライトコアホールでポスター展示・発表を、11月29日にオンライン発表・交流会を開催する。参加無料。来場の際は申し込みフォーム(https://entry.smktg.jp/public/seminar/view/3228)から事前申し込みのこと。基調講演は、全国農学系部長会議会長の中嶋康博東京大学大学院農学生命科学研究科長が「20年後の健全な食と農を維持するために―食料・農業・農村基本法の検証から見えた課題―」と題して行う。また(公社)農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)による「オープンイノベ事業等の競争的研究資金への申請や産学官のマッチング等に関する個別相談会」を実施する。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る