持続的農業を実現するには~農業WEEKで野口教授が講演

第13回農業WEEKが9~11日の3日間、幕張メッセで開催され、3万6千人を集客するなど盛況だった。その中の見ものの一つが講演会となる。今回も北海道大学大学院農学研究院長の野口伸教授が『持続的な農業を可能とするスマート農業』をテーマに講演した。今回、トラクタの遠隔操縦に留まらず、見回りロボットなどを活用したデータ利用や精密農業についての現状報告と未来農業への道筋についてエネルギー低減の視点とあわせて説明した。

最近の投稿

web版ログインページ

アーカイブ

    ページ上部へ戻る