無線操作で安心・安全

イワフジ工業(株)本社・工場=岩手県奥州市水沢区字桜屋敷西5―1・電話0197(23)3111・及川雅之社長=は、伐倒機械「フェラーバンチャ」、伐倒造材機械「ハーベスタ」、積載式集材車両「フォワーダ」、造材機械「プロセッサ」など2つ以上の作業を1つの工程で作業する高性能林業機械から、脱着装置付コンテナ車「ロールリフト」、高圧洗浄車など環境に役立つ産業機械を全て自社工場内で開発・製造しているメーカー。その他にもグラップル、フォワーダ、タワーヤーダ、スイングヤーダなど林業では必須となる機械を多数開発・販売している。中でも、林業用「クローラタイプトラクタ」、林内作業車「ロギングトラクタ」、小型堀削機「ミニバックホー」、リモコン自動搬機「ラジキャリ」、「グラップルプロセッサ」は同社が国内で初めて開発した。今回、新型のラジキャリ「BCR-130B」は、2017年度グッドデザイン賞を受賞した。19-20日に開催する林業機械展に関する情報や、グッドデザイン賞を受賞した「ラジキャリ」について、同社営業部販売推進課の鈴木茂課長と、開発部設計課第1設計係の中嶋慎吾専任係長に話を伺った。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る