増える苗箱の扱い助ける各種田植え関連機器

田植え準備作業で最も労力を必要としているのが苗箱にかかわるものであった。単純計算で100町で2万枚となる。これだけの苗箱をハンドリングするには莫大な労力が必要とされる。
稲作でも農作業受委託や法人化が進展して100町を超える経営面積も珍しいものではなくなった。こうした規模に達した生産法人では苗箱を扱うための何らかのアシスト装置が欠かせない。そのための機械装置も登場している。どんなものがあるのか、育苗の流れを紙面で紹介した。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る