鷹岡工業所が小型トラ用軽量畦塗機発表

(株)鷹岡工業所は来シーズンに向け、需要の高い小型トラクタ装着用の湿田・半湿田あぜ塗機「未来TAZ171-W」を開発した。来年1月からの発売を予定している。

発表された「TAZ171-W」は、25馬力以下のトラクタへの装着を前提に開発されており、「軽量で、しかも高齢の方でも楽に取り扱える」機械を作ろうという渡邉社長の思いが込められた機種となっている。

機体重量も165kg、畦塗り高さは20~30cmに調整可能。雪の後の水分が多く残る田でも問題なく塗ることができ、定評のバイブロ方式で畦面を仕上げることで丈夫な畦を作り出せるのが特徴となっている。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る