水田地帯で進む野菜生産

米の消費が減少し平成30年産米から生産調整が廃止されるという状況の中、水田地帯において、需要拡大が見込まれる加工・業務用野菜の導入が注目されている。水田地帯は新産地形成の余地、ポテンシャルが大きいとして、農林水産省でも野菜生産転換促進事業を今年度から実施している。新たな野菜産地づくりのためには、低コスト生産に必要な機械化一貫体系の導入が欠かせない。産地化に向けた野菜の機械化体系の実証や野菜関連の平成30年度予算概算要求について紙面で紹介した。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る