アルインコ、玄米氷温貯蔵庫などを農業資材EXPOに出展

アルインコ(株)住宅機器事業部は玄米氷温貯蔵庫「熟っ庫(うれっこ)EWHシリーズ」が好評を得ている。

シリーズ最大の特徴は、5~15℃の「玄米」とマイナス5~15℃の「おこのみ」モードに加え、40日間マイナス1℃で玄米を熟成させる「氷温」モードを採用していること。氷温は摂氏0℃以下で食品が凍り始める直前の温度域。凍るか凍らないかの環境で、玄米は自己防衛のためアミノ酸や糖類が含まれる不凍物質を蓄える。

同社は農業ワールド2017内の『第7回国際農業資材EXPO』に出展し、今回紹介した玄米氷温貯蔵庫をはじめ、玄米・野菜の低温貯蔵庫「米っとさん(こめっとさん)TWYシリーズ」や白米・玄米兼用の低温米びつクーラ「米こさん(まいこさん)」を出品する。【小間番号・26-51】

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る