グッドデザイン賞2017、オーレックなど受賞

(公社)日本デザイン振興会は、グッドデザイン賞の2017年受賞結果をこのほど発表した。近年では最多の4495件の応募の中から1403件が受賞した。
(株)オーレックのショールーム機能を備えたブランド発信拠点である「OREC green lab 長野」が受賞した。製品の木造ショーケースをそのまま建物にするというコンセプトが温かみとブランドイメージを表していることが評価された。その他の農業技術関連の受賞は、(株)セラクの圃場環境モニタリングサービス「みどりクラウド」、ボッシュ(株)の温室内環境モニタリングサービス「プランテクト」、米国KAKAXI Inc.の農地モニタリングシステム「KAKAXI」。
その中で今年を象徴するデザインである「グッドデザイン大賞」候補の7件の中に、プラネット・テーブル(株)の生産者支援プラットフォーム「SEND」が選ばれた。購入者である飲食店の注文データなどに加え、位置情報や天候などのデータから日々の食材の需要量を予測し、生産者にあらかじめ作付依頼や出荷予約を行うもの。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る