クボタの直進キープ機能付田植機が農業食料工学会「開発賞」受賞

(株)クボタは11日、直進キープ機能付田植機の農業食料工学会「平成29年度開発賞」受賞を発表した。同機は業界初となるGPSを内蔵し、直進時に自動操舵できる機能を搭載しており、農作業の効率化、高精度化、低コスト化や省力化に寄与する。8日開催の同学会臨時総会で、表彰と盾が授与された。

受賞機の最大の特徴は、高い精度が求められる田植作業で、未熟練者でも簡単に真っすぐ田植えができること。熟練者にとっても直進操舵のストレスから解放され、作業負担が軽減される。また、通常の田植機よりも苗を多く積載できるので、あぜからの補給回数を少なくでき、苗を補給する補助者の省人化が可能となる。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る