バリエーション広げるトラクタ

農業機械の代表と言えばトラクタ。トラクタの本来の意味は牽引するということだが、トラクタに各種作業機を装着することでさまざまな作業が可能となる。農作業の基本機械だ。近年では各種情報機器を搭載することによってインテリジェント化が進んでいる。大きさもさまざまである。農業情勢の変化によってトラクタの大型化は進んでいるが、その一方で小型も都市近郊や山間地での農業には欠かせない。土地利用型農業を展開する人にとっては農作業をするとはトラクタに乗ることであり、生産者にとっては分身のようなものだ。農業に必須の機械だが、農業構造の変化とともにトラクタを巡る状況も変化している。バリエーションを広げる。トラクタの最新事情を紙面で特集した。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る