プロ農業支援、相談過去最多に

日本プロ農業総合支援機構(J-PAO)の、平成28年度の農産物や食品の販売支援に関する相談受付件数は87件となり、前年度比147%で過去最多となった。相談件数は累計で1718件になった。6次産業化に関する相談が増えていることから、J-PAOでは会員企業などと提携し、マーケティングや販路開拓をサポートするサービスを提供した。また、農業者の人材育成に関する相談は116件となり、前年度比115%でこちらも過去最多だった。セミナー・講演の依頼が増加した。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る