クボタファームのトマトが野菜ソムリエサミットで金賞銀賞

(株)クボタは13日、(株)北近畿クボタ出資のクボタファーム「(株)クボタeファームやぶ」で栽培したトマト2品種が、野菜ソムリエサミットで金賞・銀賞を受賞したと発表した。金賞を受賞した品種はミディ「フルティカ」、銀賞はミニ「小鈴」。栽培方法は容易に水制限可能なフィルム栽培「アイメック」による高糖度トマト栽培。2棟計20アールの広間口無柱ハウス、ヒートポンプ、CO2施肥機、センカ光房など、同社の施設園芸機材を用いて昨年11月からトマト栽培未経験者によって生産され、関東・関西のデパートなどへ出荷されている。野菜ソムリエサミットは日本野菜ソムリエ協会が農産物の価値向上と、生活者の視点に立った新しい農産物の評価基準確立を目指し毎月実施している品評会。野菜ソムリエが商品情報一切なしで試食し採点。食味に優れたものを協会が認証する。「フルティカ」の評価は①甘味が強く、酸味とのバランスが良い②旨味がたっぷり感じられる③皮も果肉もしっかりしていて、食べごたえ抜群。「小鈴」は①甘味が強く、酸味は控え目。トマトらしい香りがある②噛むと口の中でプチっとした歯ごたえとサクッとした果肉の食感がある。同協会ホームページの2017年5月評価結果報告で受賞が発表された。http://002.vege-fru.com/docs/news/pr/1705_001.pdf

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る