宮城県、2ヘクタールの標準区画で作業効率高める

仙台平野では麦刈りが始まっている。ほ場1枚の面積が大きくなっていることに気が付く。ここには2ヘクタールの巨大区画水田を含め、これまでになかったような大区画ほ場が並んでいる。2011年の東日本大震災によって宮城県内の約1万4300ヘクタールの農地が浸水し、作付けが困難となった。水路が破損したり、排水ポンプが破壊されたためである。宮城県では被災した市町からの要請を踏まえ、東日本大震災復興交付金を活用し、約3900ヘクタールの農地を対象にほ場の大区画化など抜本的な農地の再編整備に取り組んできた。これが現在の光景に結びついている。これまでの農地基盤整備ではほ場1枚の面積は30アールが基本であったが、農業構造の変化によってこの30アールほ場では効率的な農作業ができなくなっている。とりわけ大型農機を使っての作業では能率が上がらない。全国ではほ場1枚を大きくする動きが広がっている。宮城県のような公的事業としてだけでなく、農地の担い手たちが自らほ場面積の拡大に取り組んでいる。宮城県では2ヘクタールを「新たな標準区画」として岩沼市と名取市を中心に355ヘクタールを整備した。

最近の投稿

新農林社Youtube

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る