キャニコムが悪条件対応のハンドガイド式雑草刈機

キャニコムは、排ガス規制対応のハイパワーエンジン搭載のハンドガイド式雑草刈機「荒野の用心棒ジョージ」を発売した。同社は河川敷、堤防等の斜面や広い雑草地帯の緑地管理の作業省力化と合理化をコンセプトとして、2005年に大型の雑草刈機「ブッシュカッター・ジョージ」を開発・販売。同製品は、多くのユーザーから高い評価を得ており、今では緑地管理に欠かせない商品として多方面で使用され好評を博している。しかし、その高い性能から普及が進むにつれて、作業分野が拡大し、中山間地など、本来想定されていなかった場面での使用が増加。凹凸が多い路面、笹や雑木が多く混じった密林のような悪条件環境下では、思うように走破できず、ユーザーにとって危険でストレスが溜まる作業現場となっている。この作業ストレスからユーザーを解放し、さらなる作業効率化を図るため、このたび、安全性を最優先にしつつも、ハイパワーで強靭な足回りを備えたハンドガイド式雑草刈機「荒野の用心棒ジョージ」を開発。発売を開始した。同製品は、前モデルの「ブッシュカッター・ジョージ」で好評を得ている刈刃正逆転などの独自機能は継承しつつ、地面追従フローティング機能や表示モニターなどを搭載。さらに、傾斜角警告ブザー・作業時点滅灯など安全機能も充実装備しており、安心してより安全な作業を実感できる。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る