松山がグランドロータリー7月発売

松山(株)の34~60馬力適応のグランドロータリーSKSシリーズは驚異のすき込み力により高く評価されている。今回、50~100馬力適応の大型トラクタ用グランドロータリーとしてSKLシリーズを7月より発売開始する。すき込み性と耐久力が格段に向上した。

規模拡大が進む土地利用型農業も稲作単一経営から豆麦など輪作体系が進む中で、麦あと大豆や稲あと麦の播種に際しては残渣を効率よくすき込む必要性が高まっている。

そうした中で作業幅2・2/2.4/2.6mの3型式を発売した。通常12~15cmの耕深であるが、18cmの深耕が可能なサイドディスク標準装備のDタイプも用意するなど広範な農家の利用が可能となった。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る