大潟村で高精度自動操舵田植機を実演

地域特有の問題に新しい技術であるGNSSがどのように対応できるのかを確認するための実演会が22日、秋田県大潟村の桑原秀夫さん(66歳)の水田2.4haで行われた。代かき水を落水しないで湛水状態でのGNSSを使った高精度自動操舵田植機の効果を確かめるもの。

この実証研究は、農林水産省の「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト 水田作)」に昨年10月に採択されて、3年計画で進めている。秋田県立大学秋田県農業試験場農研機構東北農業研究センター(株)トプコンスガノ農機(株)JA大潟村秋田県地域振興局が「大潟村GNSSコンソーシアム」を構成している。

新農林社Youtube

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る