サタケが全国醸造機器用品展に出展

(株)サタケは5月23日、24日の2日間、同社の広島本社で開催される「全国醸造機器用品展示会」に「小ロット醸造精米機」や「光選別機」などを出展する。同展示会は、全国醸造機器工業組合、日本醸造用品組合が主催する、日本酒づくりに必要な各種醸造機器・用品類の展示会。5月24日、東広島市にある独立行政法人酒類総合研究所で行われる「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」に合わせて開催するもので、同市に本社を置くサタケを展示会場として開催するのは4回目となる。本展示会では29社の出展が予定されており、サタケ広島本社ショールームおよび選別加工総合センターが会場となる。サタケは多品種少量生産に対応する「小ロット醸造精米機」や、品質の高い原料を供給できる「光選別機“ピカ選MASTER(マスター) ”」、原料米の品質管理に役立つ「グレインスキャナー」などの展示や実演を行う。開催時間は午前10時~午後5時。期間中はJR東広島駅、JR西条駅、全国新種鑑評会会場の東広島市運動公園体育館より、サタケ本社行きのシャトルバスが運行される。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る