クボタが宮城農高の鉄コーティング直播実習支援

(株)クボタクボタアグリサービス(株)は8日、2012年から支援している宮城県農業高校「鉄コーティング直播栽培」特別実習の播種作業を実施した。今回は「直進キープ機能付田植機」を使い、生徒たちが乗車して直進時にハンドルから手を離しても自動操舵で真っすぐに走行する最新技術を体験した。 実習は名取市高舘川深町にある同農高の実習ほ場で開催された。午前11時~午後1時に2年生9人、続いて午後2時~3時30分に3年生4人が作業を行った。「直進キープ機能付田植機」は、GPS(全地球方位システム)を活用した「ファームパイロット」シリーズとして昨年9月に発売した新鋭機種。直進時に自動操舵ができる機能を搭載しており、担い手のニーズに応え短時間で作業を効率よく、容易な操作で行える。また、未熟練者でも簡単に真っすぐな田植えができる。同社グループは、この実習から生徒たちが最新の栽培技術や農業機械を学び、農業知識を身につけて自信に繋げることを目指している。一方、同農高は農薬や化学肥料の使用量を減らした「環境保全米」栽培に取り組み、酒米「蔵の華」を栽培し地酒に醸造する予定。米の消費拡大と、鉄コーティング直播技術による多品種栽培の可能性も調査している。

新農林社Youtube

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る