28年産指定野菜、春野菜収穫量2%増

農林水産省はこのほど、平成28年産指定野菜(春野菜、夏秋野菜等)の作付面積、収穫量及び出荷量を発表した。春野菜の収穫量は前年産に比べ2%増加し、夏秋野菜は2%減少、たまねぎは2%減少となった。調査結果によると、春野菜の作付面積は3万6400ヘクタールで、前年産に比べ200ヘクタール(1%)減少した。収穫量は195万2000トン、出荷量は179万6000トンで、前年産に比べそれぞれ3万3000トン(2%)、3万2000トン(2%)増加した。夏秋野菜の作付面積は6万5700ヘクタールで、前年産並み。収穫量は228万1000トン、出荷量は196万7000トンで、前年産に比べそれぞれ5万5000トン(2%)、4万4000トン(2%)の減少。

新農林社Youtube

ページ上部へ戻る