ヤマハとエンルートが産業用ドローンで提携へ

ヤマハ発動機(株)(株)エンルートは、産業用ドローン事業での業務提携に向けた検討を開始した。8月をめどに業務提携契約を締結し、各々の製品や事業ノウハウを活用していく方向だ。具体的には1つ目は農薬等の散布ドローンをはじめとした産業用ドローン事業のグローバル展開。2つ目は精密農業や各種インフラ点検、測量、環境対策、災害対応、運輸、漁業などドローンを利用した新規市場開拓の2項目を掲げている。ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売して以降、国内における防除散布面積で主食用米水田の42.5%(2016年ヤマハ調べ)に及ぶ。 さらに2018年には、これまで培ってきた空力・制御技術、安全面でのノウハウを活かしたマルチローター型散布ドローンの発売を予定している。一方、エンルートは産業用のマルチローター型ドローンを先駆けて開発・販売している国内のパイオニア企業。農薬散布用ドローンでは日本で初めて(一社)農林水産航空協会による性能確認基準を受けており、累計500台(3月末時点)を販売している。この他、災害現場での初動状況の把握やインフラ点検、測量の省力・高能率化、物流実験など幅広い産業分野で官公庁等に向けたプロ用ドローンを開発、納入している。

最近の投稿

新農林社Youtube

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る