カテゴリー:資料

  • 令和4年度陸用内燃機関の出荷及び海外生産状況

    (一社)日本陸用内燃機関協会はこのほど、令和4年4月~令和5年3月までの陸用内燃機関(ガソリン、ディーゼル、ガスエンジン)の販売経路別・需要部門別の出荷台数実績について(会員計17社)、また海外生産拠点における陸用内燃…
  • 食品トレーサビリティに関する意識・意向調査

    農林水産省はこのほど、生産者及び流通加工業者の食品トレーサビリティに関する意識・意向調査結果を取りまとめ公表した。【農業者への調査】①出荷の記録の保存=農畜産物の「出荷日、出荷先、種別、数量」等が記載された出荷の記録の…
  • スマート酪農・畜産に関する調査

    (株)矢野経済研究所は、国内におけるスマート酪農・畜産市場を調査し、市場規模、参入企業の動向、および将来展望を明らかにし、このほどサマリーを公表した。【調査結果】2022年度のスマート酪農・畜産の国内市場規模は115億…
  • 代替タンパク商品市場(原料別調査)

    総合マーケティングビジネスの(株)富士経済は、世界的な人口増加などによってタンパク質の需給バランスが崩れるプロテインクライシスや環境対応、食生活の多様化といった背景から注目が集まる代替タンパク商品の世界市場を調査。その…
  • 令和5年5月農業機械生産出荷実績(経済産業省生産動態統計)

    (一社)日本農業機械工業会は令和5年5月分の農業機械生産出荷実績(経済産業省生産動態統計)をまとめ公表した。5月の生産は345億5300万円で前年同月比26・2%増、生産の1~5月の累計は1814億9200万円で同0・…
  • 熱中症に要注意~未然に防ぐ対策を

    【熱中症の発生状況】農林水産省が公表している令和3年の農作業死亡事故を要因別にみると、「農業機械作業に係る事故」が全体の7割を占めるが、それ以外の事故については熱中症が23人で最多となっている。また、農作業中の死亡要因…
  • 第7回高校生科学教育大賞

    バイテク情報普及会は、持続可能な農業の実現や食料の安定供給への貢献を念頭に、バイオテクノロジーの重要性を理解してもらうため、様々な活動を行っている。その一環として、これからを担う高校生に「植物バイオテクノロジー」と「持…
  • 日農工統計令和5年5月分農機生産出荷実績

    (一社)日本農業機械工業会は会員企業から集計している日農工統計・農業機械生産出荷実績の令和5年5月分を公表した。5月の生産は340億3200万円で前年比32・0%増。生産の1~5月の累計は1758億400万円で同0・5…
  • 令和5年5月農業機械輸出入実績(財務省通関統計)

    (一社)日本農業機械工業会は、令和5年5月の農業機械輸出入実績(財務省通関統計)をまとめ公表した。5月の輸出は190億4990万円で前年比9・3%減。5月の輸入は104億6758万円で同11・5%増だった。輸出の1~5…
  • 農業協同組合及び同連合会一斉調査

    農林水産省はこのほど、令和3事業年度農業協同組合及び同連合会一斉調査結果を公表した。【組合員数】=組合員数は1036万1千人で、前年度に比べ5万7千人(0・5%)減少した。【役職員数】=役員数は1万5087人で、前年度…
  • CO2・環境価値取引関連市場調査

    総合マーケティングビジネスの(株)富士経済は、2050年のカーボンニュートラル実現に向けCO2排出量削減の取り組みが進められる中、利活用の需要が高まっているCO2・環境価値取引関連市場を調査した。その結果を「CO2・環…
  • 農薬製剤市場に関する調査(2023年)

    (株)矢野経済研究所は、国内の農薬市場を調査し、農薬製剤の需要分野別(農耕地、非農耕地、家庭園芸分野)・種類別(殺虫剤、殺菌剤、殺虫・殺菌剤、除草剤、微生物・生物農薬)の動向、参入企業の動向、将来展望を明らかにし、この…
  • 令和5年4月農業機械生産出荷実績(経済産業省生産動態統計)

    (一社)日本農業機械工業会は令和5年4月分の農業機械生産出荷実績(経済産業省生産動態統計)をまとめ公表した。4月の生産は401億7300万円で前年同月比15・6%増、生産の1~4月の累計は1469億3900万円で同5・…
  • 牛乳処理場及び乳製品工場の数(牛乳乳製品統計)

    農林水産省はこのほど、牛乳乳製品統計調査結果(令和4年基礎調査)を取りまとめ公表した。それによると、令和4年12月31日現在の牛乳処理場及び乳製品工場の数は、545工場で前年に比べ1工場減少した。生乳を処理した工場を製…
  • 令和4年鶏卵流通統計調査

    農林水産省はこのほど、令和4年鶏卵流通統計調査結果を公表した。それによると、令和4年の鶏卵生産量は259万6725tで、前年に比べ0・9%増加した。鶏卵生産量の都道府県別割合をみると、茨城県が8・9%と最も高く、次いで…

最近の記事

web版ログインページ

新農林社の出版物

週刊「農機新聞」

月刊「機械化農業」

「農業機械年鑑」

「農機商工業信用録」

「農機価格ガイド」

「AMA」

ページ上部へ戻る